植物の芽吹き

TOMO-TAKA

矢吹ランドマークからの景色

毎日のように家(矢吹ランドマーク)からの眺め(矢吹空)を撮ってTwitterに上げているのですが

地域おこし協力Twitterアカウント

これまで意識していなかったのですが

いつの間にか緑が増えたなー、と。

そんなことを思ったら、大学の頃に企画・実施したあるプロジェクトを思い出しました。

冬芽プロジェクト

naturecircleけらけら

岩手大学に『naturecircleらけら』という団体があり、その代表をしていました。

けらけらでは、植物班、哺乳類班、鳥班、虫班、FAR(両生・爬虫・魚類)班に分かれて、学内外問わず活動する団体で

探鳥会や探虫会、カエルのカウント調査などをしたり、時には県外まで足を延ばしたりしました。

そのけらけらの植物班の活動として『冬芽プロジェクト』をやりました。

冬芽プロジェクト

これは一つの冬芽を開花・開葉まで二日に一回写真を撮るもので

タイムラプスの人力バージョンです(笑)

「一つの冬芽を追いながら春を迎えたらなんかいいよね」という想いより提案させてもらいました。

本当は僕自身で毎日撮りに行けたらよかったのですが、そういうわけもいかず、けらけらを使いました。

皆さんはどんなイメージをもっているでしょうか。

僕は徐々に開いていくイメージをしていました。

では、見てみましょう!

ホオノキ

1日おきに撮りました。急に変化しているのが分かると思います。

こんなに小さな芽から、これほど大きな葉が5枚も展開していくなんて驚きですよね。

次も見てみましょう!

コブシ

こちらも急に花が咲き、葉が展開してきました。

ふさふさの冬芽がこのように取れていくのですね。

次が最後です!

オニグルミ

ずっと、同じ顔が続いて笑えました(笑)

なかなか変化しなくて。。

愛着を持てたオニグルミの冬芽です。

発芽したときはなんだかうれしくなりましたよ(笑)

春は徐々にではなく、思ったより急に来る

どの冬芽も急に変化が訪れているのが分かると思います。

驚きました。

このようにして、春はやってくるのですね。

矢吹ランドマークからの景色の変化もなっとくです。

これからの矢吹ランドマークからの季節の変化を見るのが楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です