大学生活の中で出会った仲間たちに嫉妬と尊敬と自慢、そして感謝を込めて『vol.21 瀬川康』

TOMO-TAKA

嫉妬集

以下のような想いで書いています。

大学生活で出会った仲間たちに嫉妬と尊敬と自慢、そして感謝を込めて – animal trail

今日はこの人を紹介するぞー!

f:id:anima1trai1:20190313232614j:image

『瀬川康』

こう

です。

このブログで何度も紹介させてもらっている

学内カンパニーECLの代表やってます。

セキュリティチェックが必要です

こうとは

このECL主催の「GUNプレ」という

イベントでプレゼンターをさせていただいた時に知り合いました。

GUNプレっていうのは

TEDの岩大版みたいなやつです。

面白い企画だなぁ

f:id:anima1trai1:20190313233638j:image

こういう企画を作って行く力もすごいけど

こうは

農学部の動物科学科に所属しながらも

心理や教育に地域創生とか

多様な分野に興味持って

いろんなイベントに足を運んでる。

この間は

山形行って

宮古行って

一緒に弘前行って…

と花粉にやられながらも笑

アクティブに動き回ってる。

こういう幅広い興味だとか知見がある人って

ほんと話していて楽しくていいよなー。

1人もんもんと妄想を膨らませ温めてきた

「こんなことやりたい」を話すと

いつもいつも

新しいアイデアや人脈を提供してくれる。

つくづく1人の力の無力さと

誰かと一緒に話したり作っていく面白さを感じます。

「こういうことやりたい!」

って話して

「それじゃダメだ」とか

「ここが甘いな」とか

「難しいんじゃないかな」とか

批評してくる人も多いです。

完璧を提供できない僕も悪いけど

「面白い!」

って賛同して

批評するんじゃなくて

一緒に作る目線で

「こういうのどう?」

「こうした方が面白いかも」

「こんな人知ってるよ、繋ぐ?」

「こういう事例あるみたいだよ」

とか

プラスに動かしてくれる人

とっても大好き笑

こうはそんな人。

こう

ありがとう。

いつも楽しませてもらってます笑。

人の心なんて

全て理解できるものじゃないし

理解しようと考えることって

結構苦しかったりする

BUMPのメーデーって曲にも

怖いのさ 僕も君も
自分を見るのも見せるのも 或いは誰かを覗くのも

なんて歌詞がある。

人の心を覗くってとっても怖いし辛い。

そんな恐怖とかに向き合える強さっていうのを僕は身につけたい

なんて思うけど

なかなか簡単にはいかない。

いつも逃げちゃいます笑

こうは

向き合えてる人。

もちろん

それで傷ついたり辛い思いしたり

したこともあるんだろうけど

それでも向き合えてるよね。

「なんでそう思うか」とか

「なんでそういうことをするのか」とか

って理解しようと必死で考えてる。

すごいなー。

なんてことを

一緒に車で弘前行ってる時に感じました。

改めて

人の心を全て理解することなんて出来ないと思う。

理解しようとすることに無駄だとか

思ったりもする。

けど、必死で理解しようとすることで何か違ってくるのかも。

僕も見習って逃げないでいきたいなー。

こうは

来年度からは北大の院に行くそうです

「何しようかなー」

なんて言ってます笑

ぜひ、北大の人いましたら

こうと何かしてみてください笑

きっと

面白いことができると思う!!

そしてだいぶ距離があるけど

僕も力を借ります。笑

頼むぞ!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です