自信の持ち方。自分を信じることではなく自分を信じてくれた人を信じる。

TOMO-TAKA
自信

「自分を信じる」

と書きますが

僕の自信の持ち方は決して自分を信じてるわけではありません。

少しその話をしたいと思います。

 
自分を信じてくれた人の言葉を信じる

就活の時や

見知らぬ人に会いにいく時

プレゼンをする時など

これまでたくさん経験してきたものの

やっぱり何度経験しても慣れないもので

尻込みしてしまいます。

不安や緊張で

ついついいつもより自分を大きく見せようとしたり

いつものように動かなかったり

やっぱり怖いです。

新しいとこに飛び込む時は…

そんな時に思い出すのは

そんな自分を認めてくれた言葉たちです。

僕がすごいなーって思ってるあの人が

僕のことを「すごい」って言ってくれた

いつもあいつは「ともくんなら大丈夫だよ」って言ってくれる

その言葉たちは何よりも信用できます。

すごいって思う人がすごいって言ってくれるんなら本当なんだろうと。

素直に言葉を受け取る

よく褒めてくれたり

認めてくれた言葉を

素直に受け取れない人がいます

自分もそうでした。

恥ずかしいのもそうですが

本当にそう思っているのか?

なんて疑ってしまいます。

そんな僕にある友人が

嘘でもいいから

ちゃんと受け取ってあげなきゃ言葉がかわいそうだよ。

本当にそう思っていってくれた言葉もあるんだから。

と言ってくれました。

それ以来

しっかり受け取るようにしてます。

宝物のように大事にしています。

だから

辛い時に思い出すことができるのです。

ひとつだけ気をつけていること

ひとつだけ心に決めます。

『みんなが認めてくれた僕のままでいよう。』

大きく見せたり、縮こまったりしてたら

あの認めてくれた自分ではないので

余計に怖くなります。

そんなことはどうでもよくて

何よりも等身大の自分でいられるように頑張るだけです。

それで認めてもらえなかったらそれまで。

望んだところでどうしようもないこと。

認めてあげること

みなさんもたくさんいろんな人を認めてあげてください。

そのままの状態を。

たった一言の

「すごいね」

「〇〇なら大丈夫だよ」

が辛い時の力に変わります。

ありがとう

いつも救われてます。

たくさんの言葉たちに。

ありがとう。

f:id:anima1trai1:20190108234532j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です