矢吹町地域おこし協力隊

矢吹町地域おこし協力隊

こんにちは。矢吹町地域おこし協力隊のTOMO-TAKAです!

H31年の4月より着任しました。

このサイトでは協力隊の活動を始めとし、様々なコンテンツを用意しておりますので見ていっていただけると嬉しいです。

協力隊の詳しいプロフィールはこちらから!

矢吹町について

福島県の県南に位置する矢吹町。

矢吹ヶ原という平野が広がり、一面に田園風景が広がる。

面積60㎢で人口は1万7千人ほどの町。

国道4号線や東北自動車道、JR東北本線が通っていて交通便が良く、郡山まで車で1時間かからず着きます。

そして矢吹町は戦後に最も開拓された地の一つで『三大開拓地』に名を連ねており、『開拓のまち』『フロンティア精神』を掲げています。

矢吹町の地域おこし協力隊について

H31年度、着任当初は
「この町でやりたいことに挑戦してほしい」とフリーミッション型で募集。

R2年度より
下記のとおりSDGsローカルベンチャー部隊として協力隊を募集を開始しました。

R4年1月現在、自分を含め3名が協力隊として活動しています。


※R4年1月現在、募集を締め切っています。

活動

これまでの活動を以下に書いています。

2つのこかげ

矢吹町に移住し、地域おこし協力隊として着任した当初から

「まちともりにこかげのような居場所をつくる」というのを目標に掲げてきました。

現在、矢吹駅前に『self space しおりば』をオープンさせ

町中から車で15分程度の場所に『こかげの学校』を作り活動しています。

こかげとは

逃げ場であり、憩いの場であり、学び場であり、交流の場となる木陰のような居場所。 人が集うことで「木の下には英知が宿り」この場所から新し いものが生み出されていく。

まちのこかげ―『self space しおりば』―

一人の時間をゆっくり過ごせ、人とつながろうと思ったらつながれる。

そんな空間・時間・機会を提供しています。

self space しおりば HP


しおりばでは
たくさんの方から本の寄贈をいただき、店内に1000冊を超える本があり、ゆっくり本を読んだり
コーヒーやココアなど温かい飲み物から冷たい飲み物まで飲んだりすることができます。

しおりばは「まちライブラリー」に登録しており、本の貸出が可能となっています。
また現在、本の販売や文具の販売の準備をしています。

新聞(福島民報)にも取り上げていただきました。

もりのこかげー『こかげの学校』ー

町中から車で15分。

矢吹町の自然豊かな場所で『こかげの学校』を始めました。

遊びの時間を削られ、遊びの場所も限られ、遊び方も制限されている今の子どもたちに

自由に草むらをかき分け、虫捕りしたり、泥だらけになったり、ずぶぬれになれる場所・時間・機会を提供しています。

また、大人たちが本気で遊んだり、日ごろの忙しない生活から一息ついたり、愚痴をこぼしたりできるそんな場所・時間・機会を提供しています。

・やぶき冒険ひろば

・宿題おわらせキャンプ

第2回宿題おわらせキャンプ① | TOMO-TAKA(矢吹町地域おこし協力隊) (ameblo.jp)

・表現ぶちこわしデイキャンプ

表現ぶちこわし(デイ)キャンプ | TOMO-TAKA(矢吹町地域おこし協力隊) (ameblo.jp)

・焚き火とコーヒーのリトリート

活動報告

1年目




2年目

個人事業主として開業し、委託を受けて活動を始めました。

コロナの影響を受けつつも

できることをコツコツ、ジワジワやっています。






3年目

 

 

取材記事

『開拓の町』で新しいことに挑戦する若者をサポートしたい | 福島県県南地方移住・定住相談所ラクラスしらかわ (rakuras.jp)

新型コロナ 矢吹の飲食店に恩返し 弁当のドライブスルー販売を企画 神奈川出身・飯塚さん /福島 | 毎日新聞 (mainichi.jp)

1人で過ごす場提供「しおりば」オープン 矢吹(福島民報) – Yahoo!ニュース

番組ブログ「2020.12.29(火) 矢吹町の情熱人に、石田アナウンサーが会いに行きましたよ☆」#ふくしま情熱探訪~59市町村再発見の旅 – ラジオ福島 (rfc.jp)

【地域の担い手インタビュー】vol.11 町中に「こかげ」みたいな居場所をつくりたい(矢吹町地域おこし協力隊 飯塚 智崇さん) – ふくしまで働く – 地域の担い手 – (f-ninaite.jp)

地域おこし協力隊SNS

Twitter(協力隊の独り言)

Facebook(活動報告・町PR)

Instagram(矢吹映え)

AmebaBlog(活動報告)