良いこと文化が馴染むと思考を麻痺させる。エコ活動やクリーンエネルギー

TOMO-TAKA
いいこと文化

昨日は地域創生について書きました。

地方創生はなぜ必要か。地域を守らなければいけないわけ。 – 心向くまま歩む animal trail

その中でいいこと文化が馴染む危険について軽く触れました。

今日は具体的な例として「エコ」について話したいと思います。

なぜエコ活動をしているか

「エコ」

誰しもが聞いたことがある言葉になりました。

良いものですよね。

日本各地で

「エコ」をテーマにしたイベントやフォーラムが開催されています。

たくさんの学生も活発に活動しています。

何のために「エコ活動していますか?」

という質問に対して

ある人は

「ゴミ拾いとかエコをしていると褒められるから」

と。

驚きました。

そうですね。

一昔前はいろいろなところでエコの大切さを訴えていましたが

親も学校でも

いいことだという共通認識のもと

理由以上に行動を求めてます。

「良いことをする」

が目的になっている人もいるのです。

 
起きている衝突

クリーンエネルギーというと

太陽光発電風力発電が代表的です。

良いイメージがありますよね。

f:id:anima1trai1:20190115203551j:image

多くの企業も

そのイメージを使って

自分の会社のイメージを良くするため

太陽光発電風力発電などを行なっています。

「私たちの会社は環境に配慮してます!」と言いたいんです。

しかし、そんな太陽光発電風力発電ではいろんな衝突が起こっています。

太陽光発電では

多くの森が破壊され

太陽光パネルに置き換わってしまっています。

太陽光発電の環境破壊を見る(上)-山梨県北杜市を例に – Global Energy Policy Research

おかしくないでしょうか?

風力発電では

多くの希少な猛禽類などを巻き込んでしまう

バードストライクという事故が起こっています

風力発電所に「衝突して死ぬオジロワシ」~共存は可能か(石田雅彦) – 個人 – Yahoo!ニュース

おかしくないでしょうか?

自然、環境を守っていくための

エコやクリーンエネルギーが自然、環境を破壊しています。

この問題はなかなか解決されない問題なのです。

なぜならって

良いことをしているつもりだからです。

つまり

「良いことをしているのになんで文句あるんだ」

という言い分です。

このような問題はあちこちで起こっています。

「良いことだから」

ではなく

しっかりと

「なぜ良いのか」

を原点にしてほしいです。

みなさんにも心当たりはあるのではないでしょうか?

もう一度

「なぜ」

を考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です