いつか死ぬときのために生きる

TOMO-TAKA

いつかは死ぬ

これは言われてみれば当たり前のことですが、この感覚が一番鈍い生き物が人間だと思います。

「いつか死ぬ」という感覚を持って生きている人は少ないんじゃないでしょうか。

誰もが「自分は絶対死なない」なんて勘違いして生きてしまっているように思います。

僕はなぜだか「いつか死ぬんだから」という感覚を常にあります。

ふと「今死んだらどう思うかな」なんて考えます。

高速道路に乗るときにかける音楽はいつも大好きなBUMP。

死んだ後に履歴を見られて「あいつ死ぬ時までBUMPだよ(笑)あいつらしいな(笑)」なんて言われたい(笑)。

死んだあとに生きていた証を残したい

死んだとき、この世界に僕が生きた証が何も残らなかったら…なんて思ってしまう。

少しでも僕がこうやって生きてきたことがこの世界や人の心に残っていたらきっと生きてきてよかったって思える気がする。

ああ、このために生きてきたのかって。

だから、今を精一杯生きて

自分を偽らないで生きて

今の自分を表現して伝えていきたい。

つたない言葉でも口下手でもへたくそな写真でも出していかなきゃ。

伝えたいこと 言いえないまま 消えたらと思うと怖くなって

できるだけ頑張るけど どうしていつまでも下手なんだろう

spica/BUMP OF CHICKEN

BUMPのspicaのこの歌詞にとても共感した。

「どうしていつまでも下手なんだろう」

そういえば

以前に後輩とこんな話をした。

http://animaltrail.lolitapunk.jp/?p=312

みなさんの生きる理由はなんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です