迷子のあなたへ

TOMO-TAKA

人生は迷子

人生は迷子だと思う。

たくさん迷ってたくさん悩んで時には立ち止まって、

それでもいいと思う。それでいいんだと思う。

けれど、迷子の道は険しくて心折れそうになる。

そんなときに僕が勇気をもらった言葉たちがあります。

そんな言葉たちを少し紹介します。

この言葉たちが迷子の人に届いて生きる力になればいいな。

僕を救ってくれたように、またほかの人にも。

そのうち『出会ってきた言葉集』で紹介することになるかも。先に出したいと思います。

いいじゃん、いろんな事したり見たりしてんだもん。迷うのは当たり前でしょ笑

これは大学2年の秋ごろに友達からもらった言葉。

本人は言ったこと覚えていないんだろうな。この時、僕は確かに救われたし、そのあとも何度もこの言葉を思い出して

迷子を乗り越えてきた。

ありがとう、やまとも。

迷子のあなた。

たくさん見聞きすれば、選択肢も多くなるし、いろんな考え方に触れて正解とか、見失っちゃう。

けど、それでいいと思う。ちゃんと、その中で自分が形成されていくから。

大丈夫だから。

迷子のままでも大丈夫。僕らはどこへでも行けると思う。

BUMP OF CHICKENの記念撮影の歌詞

ねぇ きっと

迷子のままでも大丈夫

僕らはどこへでも行けると思う

https://www.youtube.com/watch?v=FPLxRe4ho_A

BUMPの「大丈夫」には本当に心強い。

きっと、大丈夫なんだろうな、って。

迷子のあなた。

迷子のままでいいんだよ。無理に答えなんて出す必要ないし、何かに向かっている必要もないと思う。

迷子のままでも進もうとする、決めようとする、迷子に立ち向かう強い心を僕は尊敬します。

進んで止まって、止まって進んで。人はそれを歩みと呼ぶのだ。

『あひるの空』というバスケの漫画の言葉。

高校の時に出会って、その時は迷子とかじゃなく一心不乱に部活していたから、ぴんときてなかったけど

今の僕にとっては大事な言葉。

進むばかりが歩みじゃない。

僕も進んでは止まって、時に後退して。

けど、前後ろ分からない迷子だから気にしてもしょうがない。

それでいい。

conect the dots

これはアップルの創業者のスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式でのスピーチの一説です。

このスピーチに出会ったのは大学受験の時です。塾の先生から英訳の教材に渡されました。

当時は読めなかったし、あまり理解もできなかったです。(お恥ずかしい)

けれど、今の僕にとっては大事な言葉の一つです。

You can’t connect the dots looking forward. you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something -your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

スティーブ・ジョブズ

決断しなきゃいけない時

迷子のままでもいいけれど、やっぱり時には決断を迫られることもある。

そんなときは「えい!」でいいと思うんだ。

選択はさほど大事じゃない。

どっちも正解、どっちも間違い

「どっちが正解か分からない」なんて話をよく聞く。

そもそもどっちかが正解なのか?いや、どっちも正解でありどっちも間違いなんだと思う。

どっちを選んだって苦労するし「やっぱりあっちを選んでおけばよかった」なんて後悔すると思う。

けれど、選んだ方は確かに正解なんだって思う。

未来の自分に責任を押し付けて

選択はさほど大事じゃない。

だって、どうせどっちがいいかなんてわからないから。

じゃあ、何が大事なのか。

たぶん、選択した後の自分の行動だと思う。

選択したことを後悔にしないためにどれだけ頑張れるか。

それにかかっている。

だから、選択する自分は、未来の自分が責任を押し付けて「えい!」で選べばいい。

選択する自分に必要なのは勇気だけ。あとは未来の自分に託そう。

座右の銘

迷子の中でできたTOMO-TAKAという人間。

こんな座右の銘が生まれました。

誰かの心にもそっと届いてほしいな。

人生藪漕ぎ。

頂上を目指す「山登り」よりも
心の向くままに、
何かを目指すわけでもなく
「野歩き」「山歩き」。

コンパスと地図は自前。

さまよい、みちくさくいながら
その時々の出会いを大事にして
歩いていく。

きっと歩いてきた跡には道が残り、
その道は誰かの役に立つ。

以下解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です