コミュニケーションのコツ。一方通行なコミュニケーション。

TOMO-TAKA
コミュニケーションのコツを聞かれた時に

以前友人に

「普段コミュニケーションで意識していること何かある?」

って聞かれました。

それに対して自分は次のように答えました。

自分のことをアートだと思ってるんだよね

例えば美術館の絵

あれって個性があってたくさんのメッセージとかが詰まってて

僕ら見る人に強く伝えてくるじゃん

相手が誰であってもどんな反応されてもただひたすら伝えたいことを一方通行に僕らに向かってぶつけてくるじゃん

人も同じなのかなって思う

未完成のアート作品

自分はこんな人間です!

って相手関係なく怯えたり合わせたり様子伺ったりしないで

ただ一方通行な自分ってのをしっかり相手に伝えてさ

そしたらぶつかって返ってくるものがあって

それって多分本物で

ぶつかったものとはしっかりと向き合えばいいのかなって思う

嘘偽りない自分をぶつけないと返ってきたもの嘘になるから

僕も意識してるってだけでできてるわけじゃないけど

ぶつけていきたい

それで返ってきたものを大事にしたい

向き合っていきたいなって

一方通行なコミュニケーション

普通コミュニケーションとは

「双方向のもの」

と説明されることがあります。

それはそれでいいのですが

自分は

ただ一方通行なコミュニケーション

を意識しています。

ついつい人に合わせてきた頃がありました。

人に好かれたいから、嫌われたくないから

こう言って欲しいから

認められたい、褒められたい

本当はそんなのどうでもいいはずなのに。

その時の反省からいつも一方通行を意識するようになりました。

承認欲求は大事な感情ですが

それに支配されない。

誰にどうこうではなく

まず自分がぶつける。

未完成なアートをぶつけるようにしています。

f:id:anima1trai1:20190106151217j:image

ワンピース

「自分はアートだ」

と言いましたが

もっとイメージしやすいのは

ワンピースのルフィでしょうか。

皆さんはルフィ好きですか?

心が疲れて動けない時

よくyoutubeでアニメを観るのですが

その中でも1番観るのがワンピースです。

話が長くてなかなか抜け出せなくなるから厄介です笑

ルフィは

一方通行なコミュニケーションをとにかくぶつける。

相手に合わせたりしません。

それなのに仲間からは慕われ

多くの人を惹きつけます。

読者もそんな姿に惹かれているのではないでしょうか。

ルフィみたいに大暴れしたいですね笑

まとめに

まだ自分も

ついつい場の空気読んだり

人に合わせたりしてしまいます。

もっと強く

自分の未完成であるアートに自信を持って

コミュニケーションをぶつけていけるようになりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です